@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛新覚羅溥儀【あいしんかくらふぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

愛新覚羅溥儀
あいしんかくらふぎ
溥儀」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

愛新覚羅溥儀
1908年に2歳で清朝第12代の最後の皇帝宣統帝」として即位したが、辛亥革命により12年に退位。31年の満州事変勃発(ぼっぱつ)を受け、32年に建国を宣言した「満州国」の執政に。34年には同国の皇帝になる。日本の敗戦とともに満州国は崩壊し、旧ソ連軍によって抑留された。46年には東京裁判に出廷。50年、中国の撫順戦犯管理所に移送され、59年に特赦で釈放された。67年、病没
(2006-12-17 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

愛新覚羅溥儀 あいしんかくら-ふぎ
1906-1967 清(しん)(中国),満州国の皇帝。
光緒32年1月14日生まれ。3歳で即位,宣統帝と称した。辛亥(しんがい)革命で退位し,清朝最後の皇帝となる。日本軍の後ろ盾により1934年満州国皇帝(康徳帝)となる。1945年日本が降伏すると退位,弟溥傑(ふけつ)とソ連に抑留され,のち戦犯として中国の撫順収容所にはいる。1959年特赦で釈放され,北京にすんだ。1967年10月17日死去。62歳。北京出身。著作に「わが半生」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

愛新覚羅溥儀
あいしんかくらふぎ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛新覚羅溥儀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛新覚羅溥儀の関連情報

他サービスで検索

「愛新覚羅溥儀」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation