@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛洲日向守移香斎【あいすひゅうがのかみいこうさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

愛洲日向守移香斎
あいすひゅうがのかみいこうさい
[生]享徳1(1452).志摩/日向
[没]天文7(1538)
剣道愛洲陰流始祖。移香を惟孝 (いこう) とする書も多い。熊野海賊の一党,伊勢愛洲氏の出身で,若い頃九州,関東に遊び,さらに家業出稼ぎとして明国あたりまで渡航したことがある。 36歳のとき日向鵜戸 (うど) の岩屋籠して満願未明,神により猿 (さる) の形で兵法の奥義を示した一巻の書を授けられ,刀法の極意を感得したという。これにより一流を創始して「陰の流」と称し,諸国を修行して晩年は日向に住み,日向守と称した。のちこの流は,剣道三大流派の一つである新陰流となり,さらに柳生新陰流,直心影流分派を生むにいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛洲日向守移香斎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛洲日向守移香斎の関連情報

関連キーワード

享徳モデナ公国リッピハプスブルク家殺人事件数の推移樺太島民の悲劇レオナルド・ダ・ヴィンチ飛鳥井雅世猪苗代兼載享徳

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation