@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛着行動【あいちゃくこうどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

愛着行動
あいちゃくこうどう
幼弱な子供がの保護を確保するために,自分から親につき従い,親の姿を見失わないように反応する行動。かなり早期から発達し,離巣性の孵化したてのにみられる刷り込みと追従反応はこの代表的なもので,出生直後にに入った対象が刷り込まれ,以後もっぱらそのあとを追うようになる。大型の哺乳類の子供にも似た現象がみられる。ヒト赤ん坊は二次的就巣性といわれ,生まれてしばらくの間は運動性が未熟で自分の力で移動することができない。そのために親を自分にひきつけるメカニズムとして微笑反応が発達してくる。その他,泣き出す,眼で追う,あと追いなどが続いて現れ,人見知り一連の愛着行動の現れである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛着行動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛着行動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation