@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛知川【えちがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

愛知川
えちがわ
滋賀県中部,愛荘町西部の旧町域。愛知川中流東岸にある。 1909年町制。 1955年豊国村と合体。 2006年秦荘町と合体して愛荘町となった。中心地区の愛知は江戸時代中山道宿場町として繁栄近江八幡市などとともに,近江商人の発祥地として知られる。農村部では米作が行なわれ,工業は麻織物中心の繊維工業が多い。近江上布 (→上布 ) は国の伝統的工芸品に指定されている。豊満神社 (四脚門は国の重要文化財) には古文書史料が多く残っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛知川
えちがわ
滋賀県東部の川。鈴鹿山脈御池岳 (1247m) に発する茶屋川と,御在所山 (1210m) に発する神崎川が東近江市の杠葉尾 (ゆずりお) で合流,愛知川となり,永源寺ダムを経て山上 (やまかみ) 付近から北西流して平野を形成し,琵琶湖に注ぐ。全長 37km。支流御池上流の君ヶ畑は木地師 (→木地屋 ) 発祥地とされる。山上から愛荘町までは扇状地が広がり,河口に三角州をつくる。河口付近は江戸時代に開発された新田が多く,上流の河谷は中世以来近江商人の伊勢通商路に利用された。 1947年国営総合開発が始まり,1972年永源寺町相谷 (→永源寺 ) に永寺ダムが完成,発電と灌漑に利用されている。ダムを含む上流域一帯は鈴鹿国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えち‐がわ〔‐がは〕【愛知川】
滋賀県東部を流れる川。鈴鹿山脈の御池(おいけ)(標高1247メートル)付近に源を発し、彦根市東近江市の琵琶湖に注ぐ。長さ48キロ。上流部は深い渓谷をなし、永源寺ダム下流付近から平野に出ると大規模な扇状地を形成する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えちがわ【愛知川】
滋賀県東部の川。幹川流路延長52.9km,全流域面積203.5km2。鈴鹿山脈の御池岳(1241m)付近に源を発し,永源寺町山上付近から北西流して大きな扇状地をつくり,大中之湖干拓地の北で琵琶湖に注ぐ。上流部は林業が卓越し,永源寺町の君ヶ畑と蛭谷(ひるだに)は木地屋集落として知られている。中流以下は水田地帯が広がるが,天井川で水利の便が悪かったため,上流に1972年農業用水の確保を目的とする永源寺ダム(発電所の最大出力5800kW)が完成した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えちがわ【愛知川】
滋賀県中東部を北西流して琵琶湖に注ぐ川。鈴鹿山脈を源とし、上流に永源寺ダムがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

愛知川
(滋賀県愛知郡愛荘町)
中山道六十九次」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛知川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛知川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation