@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛護【アイゴ】

デジタル大辞泉

あい‐ご【愛護】
[名](スル)
かわいがって庇護すること。「動物愛護
《「愛護の若」の役に用いたところから》歌舞伎稚児(ちご)用のかつらの一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐ご【愛護】
〘名〙
① かわいがって、たいせつに庇護すること。この上もなく、たいせつにしてまもること。
※玉塵抄(1563)一六「いきもののも、〈略〉子をば愛護する者ぞ」
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一八「生育の恩は深くっても、愛護(アイゴ)の情は厚くっても」 〔黄庭堅‐謝張泰伯恵黄雀鮓詩〕
② (「愛護の若」の役に用いたことから) 歌舞伎で、稚児(ちご)に扮する者がつける、かつらの一種。
※劇場新話(1804‐09頃)上「鬘の事左に記〈略〉一、あいご」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

愛護
(通称)
あいご
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
あいご恋の浮橋
初演
宝永4.10(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛護」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛護の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation