@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛隣地区【あいりんちく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

愛隣地区
あいりんちく

大阪市西成区(にしなりく)の北東部、萩之茶屋(はぎのちゃや)1~3丁目にわたる一帯の地区。かつては釜ヶ崎(かまがさき)とよばれ、東京の山谷(さんや)と並ぶスラム街区として知られていたが、現在は日雇い労務者の居住地となっている。

 最初は第一次世界大戦後の不況期に失業者が新世界(浪速区)の歓楽地付近に居着き浮浪者化し、しだいに南の釜ヶ崎の簡易宿泊所(俗にドヤという)に住むようになり、一帯はスラム街化した。第二次世界大戦後この傾向は一段と強まったので、大阪市はこの地区の環境浄化に努め、1960年(昭和35)に西成愛隣会を結成した。さらに1961年8月1日釜ヶ崎騒動が起こったのを機に、いっそうの福祉更生の施策を講じ、1966年6月には釜ヶ崎の地名を廃して愛隣地区とよぶこととした。いまは「あいりん」とひらがなで表記している。1970年には福祉総合施設である「あいりん総合センター」が設置された。2006年(平成18)の日雇い労働者数は約2万1000人といわれ、西成労働福祉センターが中心となって就労者の正常化を図っている。一方、この地区への路上生活者(ホームレス)の流入が問題となっている。

[位野木壽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛隣地区」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛隣地区の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation