@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

慣性質量【かんせいしつりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

慣性質量
かんせいしつりょう
inertial mass
物体の質量には慣性質量と重力質量とがあり,運動に際して慣性の大きさを示す質量を慣性質量という。ニュートン力学では,力と加速度との比が慣性質量である。特殊相対性理論では,物体の全エネルギーを c2 ( c は真空中の光速度) で割った量が慣性質量である。静止質量を m0 とすると,速さ v の物体の慣性質量は に等しい。振動数νの光はエネルギー hν ( h はプランク定数) の光子であり,その慣性質量は (hν/c2) である。等価原理によれば,慣性質量と重力質量とは相等しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんせい‐しつりょう〔クワンセイシツリヤウ〕【慣性質量】
物体の慣性の大きさで示される質量。ニュートン運動方程式に基づいて定義される。加速度をα、力をfとするとき、運動方程式はfと比例関係で表され、その係数mが慣性質量となる。一方、重力を生じさせる原因として万有引力の法則に基づいて定義される重力質量がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんせいしつりょう【慣性質量】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんせいしつりょう【慣性質量】
ニュートンの運動方程式に基づいて定義される質量で、慣性の大きさを表す。 → 質量

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慣性質量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

慣性質量の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation