@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

慰問袋【イモンブクロ】

デジタル大辞泉

いもん‐ぶくろ〔ヰモン‐〕【慰問袋】
出征軍人などの慰問のために手紙・日用品・娯楽品などを入れた

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いもんぶくろ【慰問袋】
日本の国内から戦地将兵へ慰問のために送られた袋。ふつう横30cm,縦40cmぐらいの布袋で,中には武運長久の御守,薬品,タバコ,セッケン缶詰などの日用品と慰問状が入れられ,それが契機となって兵士差出人との間で文通が行われることもあった。袋は家庭で各自が手ぬぐいを二つ折りにして作るほかに市販品もあり,デパートでは中身のはいった既製品も売られていた。慰問袋の作製日露戦争のときに出征軍人家族慰問婦人会,愛国婦人会婦人矯風会などが取り組んだのがその始まりとされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いもんぶくろ【慰問袋】
戦地の兵士などを慰めるために、日用品や手紙を入れて送った袋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

慰問袋
いもんぶくろ
戦地の兵士を慰問するため日用品や娯楽用品、雑誌、御守り、手紙などを入れて送る袋。日露開戦直後の1904年(明治37)3月婦人矯風会の会員が、アメリカ矯風会の経験談をヒントに、100個をつくり送ったのが始まり。慰問袋の名もcomfort bagの直訳。31年(昭和6)満州事変が起こると、新聞社の提唱で国防婦人会が中心となって郷土部隊の兵士に慰問袋を送る運動が大々的に展開され、37年からの日中戦争ではさらに大量の慰問袋が銃後と前線を結んだ。商品化もされ、38年にはできあいの慰問袋が1個2円から5円だった。やがて戦争が拡大、将兵数が激増し、物資欠乏、輸送困難となるにつれ、慰問袋も先細りとなった。[森脇逸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いもん‐ぶくろ ヰモン‥【慰問袋】
〘名〙 (comfort bag の訳語) 戦地の兵士などを慰問するために、日用品、娯楽用品などを入れて送る袋。
※時事新報‐明治三七年(1904)一一月二二日「同会に五百余個の慰問袋の寄贈あり」
[語誌]アメリカの婦人が戦場の兵士たちに comfort bag を送って、喜ばれたというアメリカ矯風会からの助言を受けて、日露戦争の時、日本の婦人矯風会が comfort bag を「慰問袋」と直訳。佐世保鎮守府司令長官宛に百個の慰問袋を送り、「慰問袋」が流行語となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慰問袋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

慰問袋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation