@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

慶尚南道【キョンサンナムド】

デジタル大辞泉

キョンサン‐ナムド【慶尚南道】
大韓民国南東部、朝鮮海峡に臨む道(どう)。道都は昌原(チャンウォン)、古くは現在の広域市の釜山(プサン)蔚山(ウルサン)を含んだ。洛東江流域は二毛作地帯。けいしょうなんどう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けいしょう‐なんどう〔ケイシヤウナンダウ〕【慶尚南道】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいしょうなんどう【慶尚南道】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

慶尚南道
けいしょうなんどう / キョンサンナムド

韓国(大韓民国)の南東端にある道。面積1万0513.49平方キロメートル、人口297万0929(2000)。10市10郡からなる。道庁所在地は昌原(しょうげん)。地形は、東に太白(たいはく/テペク)山脈の余脈が東部山地をなし、西は小白(しょうはく/ソベク)山脈が西部山地をなし、中央は中央低地をなす。西部山地は智異(ちい)山(1915メートル)、徳裕山(1508メートル)などの山々がそびえており、中央低地は洛東江(らくとうこう/ナクトンガン)、南江、密陽江、黄江などの流域に広大な金海(きんかい/クムヘ)平野と晋州(しんしゅう/ジンジュ)平野が展開され、穀倉をなす。本道の中心部を貫く洛東江の支流の黄江・南江流域には居昌(きょしょう)、咸陽(かんよう)、山清など侵食盆地が発達している。洛東江は雨期の氾濫(はんらん)が多かったが、南江ダム(1969)、安東ダム(1976)の建設以後は緩和された。東海岸(日本海側)は単調であるが、南海岸はリアス式海岸をなし、半島、湾、島嶼(とうしょ)の多い多島海をなし景色もよく、閑麗(かんれい)海上国立公園になっている。沿岸には馬山(ばさん)、鎮海、統営などの良港が発達している。気候は温暖多雨であり、年平均気温は11~14℃、1月平均気温は南海岸地方が0~3℃、内陸地方は0℃以下で、8月平均気温は両地方とも24~27℃内外である。年降水量は1100~1600ミリメートル。揚子江(ようすこう)低気圧と台風の通過する頻度が高い。

 全住民の40%余が農業に従事し、金海とその付近では釜山(ふざん/プサン)を市場とする園芸農業と酪農業が発達した。また、冬の温和な気候を利用してソウルを市場とする遠郊農業も活発である。山間地方では養蚕業が盛んで、南海岸地方では各種漁業が活発であるが、とくにカキの水産養殖業は全国一である。本道は、南東沿岸工業地帯を中心として、繊維、食品、石油化学、造船、自動車、各種機械工業が発達した。伝統工芸品としては、忠武(ちゅうぶ/チュンム)の螺鈿(らでん)漆器が有名である。伽倻山(かやさん)国立公園、徳裕山国立公園、智異山国立公園、閑麗海上国立公園、通度寺、海雲台など観光名所が多い。

[森 聖雨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいしょう‐なんどう ケイシャウナンダウ【慶尚南道】
朝鮮半島の南東端に位置し、朝鮮海峡に面する道。道都は昌原。洛東江が貫流し、二毛作地帯で米、麦などを産出。南岸はリアス式海岸で、巨済島、南海島など島が多い。キョンサンナムド。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

慶尚南〔道〕
けいしょうなん
キョンサンナム(慶尚南)道」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶尚南道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

慶尚南道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation