@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

慶庵【けいあん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

慶庵
けいあん
職業周旋屋の俗称。桂庵とも書く。江戸~大正時代の用語。一般には口入(くちい)れ屋と称し、明治以後は雇人請宿(やといにんうけやど)などと公称した。語源としては、17世紀中ごろに慶庵という医者が諸事の仲介をしたのに始まるという説と、慶庵という名の医者が軽薄な追従(ついしょう)を使ったのを周旋人の仲人(なこうど)口にかけていい始めたという説とがある。初めは、縁談や訴訟の仲裁などをも扱ったというが、のちには奉公人の斡旋(あっせん)に限られた。[原島陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいわん【慶庵】
〘名〙 「けいあん(慶庵)」の変化した語。
※歌謡・松の葉(1703)四・寛濶一休「けけらけいわんててんがう、今時その手を喰(く)んべいか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶庵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

慶庵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation