@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

憲淳【けんじゅん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

憲淳 けんじゅん
1258-1308 鎌倉時代の僧。
正嘉(しょうか)2年生まれ。近衛良教(このえ-よしのり)の子。真言宗。国師正とよばれた。正応(しょうおう)5年醍醐寺(だいごじ)報恩院の覚雅から灌頂(かんじょう)をうけ,同院をつぐ。後宇多上皇帰依(きえ)をうけ,徳治(とくじ)3年灌頂をさずけた。歌人として知られ,「続(しょく)門葉和歌集」の撰定にかかわり,同集の序文をかいたとされる。徳治3年8月23日死去。51歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

憲淳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

憲淳の関連情報

関連キーワード

イスラム帝国延慶アラブ文学アッバース朝マンフレートアッバース朝クウェート西アジア史アッバース朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation