@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

懐帝【かいてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

懐帝
かいてい
Huai-di; Huai-ti
[生]太康5(284)
[没]建興1(313)
中国,西晋 (→) の第3代皇 (在位 306~313) 。姓名は司馬熾。武帝の子で恵帝。東海王越が権勢をもっぱらにしたため,帝は苟晞 (こうき) に東海王を討たせようとした。東海王は憂憤して永嘉5 (311) 年死亡した。同年,帝は劉曜によって平陽に移され,のち建興1 (313) 年劉曜に害された。帝の在位中に天下はますます乱れ,収拾できない状態となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

懐帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

懐帝の関連情報

関連キーワード

親和数友愛数ディオクレチアヌスヌメリアヌス家事調停山田久志ローマ史(年表)広島県の要覧ウンウントリウム軍人皇帝時代

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation