@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

懲毖録【ちょうひろく】

世界大百科事典 第2版

ちょうひろく【懲毖録】
朝鮮,16世紀末の書。著者は柳成竜。壬辰・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)の過程を,戦争の様相,義兵の活躍,明軍との関係,李舜臣らの人物像などについて,直接の担当者であった著者が,体験をもとに後世へのいましめとして詳述している。1598年の作で,初刊は1633年(《西厓集》に収録)と推定される。日本でも1695年に京都大和屋から刊行,現代語訳は朴鍾鳴訳注本などがある。【矢沢 康祐】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

懲毖録」の用語解説はコトバンクが提供しています。

懲毖録の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation