@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

成ぬ【ならぬ】

精選版 日本国語大辞典

なら【成】=ぬ[=ん]
① その状態が、自ら押さえられないほどであることを表わす。がまんできない。…でしかたがない。
※歌舞伎・夕霧七年忌(1684)「揚銭の残りが十五両ある。これをせがんでならぬ」
② (多く、条件を示す「て(は)」を受けて) 禁止の意を表わす。いけない。
※虎明本狂言・八尾(室町末‐近世初)「去ながら、いまほどは地蔵の文をもちいてはならぬ」
③ (打消の意の条件句を受けて) 義務や当然の意を表わす。(…しないと)いけない。…のはずだ。
※中華若木詩抄(1520頃)上「聯句は又詩のやうなるがわるい。五字の中長き意を述るは字をつづまやかにつくらいではならぬゆゑ也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成ぬ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成ぬの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation