@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

成尋【じょうじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

成尋
じょうじん
[生]寛弘7(1010)
[没]元豊4(1081)
平安時代の天台宗。7歳のときに出家し,洛北岩倉の大雲寺の文慶に師事した。延久4 (1072) 年にに渡り,太平興国伝法院に住した。神宗により降雨の法を行なったところ霊験があったので善慧大師を許された。便船に託して経典 527巻を日本に贈った。日本に帰ることができず,開宝寺死去著書に『法華経註』『観心論註』『参天台五台山記』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうじん〔ジヤウジン〕【成尋】
[1011~1081]平安後期の天台宗の僧。藤原貞叙(ふじわらのさだのぶ)の子。62歳で入宋(にっそう)し各寺を巡礼。訳経場の監事となり、経典を日本へ送った。のち、宋で。宋の神宗(しんそう)から善慧大師の号を受けた。→成尋阿闍梨母集

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうじん【成尋】
1011‐81(寛弘8‐永保1)
平安中期の天台宗の僧侶。藤原貞叙の子(一説に参議藤原佐理の子)。母は《成尋阿闍梨(あじやり)母集》の作者として名高い。7歳のとき,岩倉大雲寺に入り受戒。1054年(天喜2)勅を受けて延暦寺総持院阿闍梨となり,72年(延久4)62歳のとき入宋し,天台,五台の両山を歴遊した。ついで汴京(べんけい)にて神宗に謁し,紫衣を許された。その後太平興国伝法院に住し,同地における訳経事業にも参加した。73年夏,祈雨の修法をなして,宋朝より善慧大師の号を受け,かつ同年には大小乗経律論527巻を便船に託して日本へ送った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうじん【成尋】
1011~1081 平安後期の天台宗の僧。藤原佐理の子という。1072年入宋、神宗しんそうから善慧大師の号を受け、訳経場の監事を務めた。経典五百余巻を日本に送る。中国の開宝寺に没す。著書に「法華経註」「参天台五台山記」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

成尋
じょうじん
(1011―1081)
平安末期の天台宗の僧。京都の人。父は藤原貞叙(ふじわらのさだのぶ)、母は源俊賢女(みなもとのとしかたのむすめ)で『成尋阿闍梨母集』の作者。母方の縁者文慶(もんけい)(966―1046)に就いて京都岩倉大雲寺に入る。顕密二教を学び、43歳で延暦寺(えんりゃくじ)総持院阿闍梨(あじゃり)となる。1072年(延久4)3月、62歳で入宋(にっそう)し、杭州(こうしゅう)・天台山(浙江(せっこう)省)、蘇州(そしゅう)・南京(ナンキン)(江蘇省)、東京(トンキン)(河南省)、五台山(山西省)を巡拝した。宋地で収集した仏典を、1073年6月、同行した頼縁(らいえん)らに託して日本へ送ったが、自らは宋の神宗(しんそう)(在位1067~1085)の強い慰留で帰国を断念し、同地で寂した。天台山国清寺(こくせいじ)に葬られ、神宗より善慧大師(ぜんねだいし)の号を賜った。成尋が入宋の途についてから頼縁らが帰国するまでを克明につづった『参天台五台山記(さんてんだいごだいさんき)』は、渡海した僧の行動、宋地の当時のようすを語る貴重な資料である。[中尾良信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうじん ジャウジン【成尋】
平安中期の天台宗の僧。延久四年(一〇七二)入宋。神宗から善慧大師の号を受け、訳経場の監事となった。経典五二七巻を日本に送る。中国、開宝寺に没。著に「参天台五台山記」がある。寛弘八~永保元年(一〇一一‐八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

成尋
じょうじん
1011〜81
平安中期の天台宗の僧
三蹟の一人。藤原佐理 (さり) の子。1072年弟子頼縁 (らいえん) とともに入宋 (につそう) 。天台・五台山を巡歴し,得た経典を頼縁に託して帰国させた。宋の神宗に重用され,明州に没した。善慧 (ぜんえ) 大師。著書に『参天台五台山記』8巻。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

成尋 せいじん

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

成尋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成尋の関連情報

関連キーワード

コンピュータにおける数値の表現光合成キュリーサウルキュリー李朝[ベトナム]五重御湯殿人倫キュリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation