@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

成羽藩【なりわはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

成羽藩
なりわはん
江戸時代,備中国 (岡山県) 成羽地方を領有した藩主は元和3 (1617) 年から山崎氏3万 5000石,寛永 16 (39) ~19年水谷氏5万石,万治1 (58) ~明治1 (1868) 年山崎氏の一族が 5000石を領し,同年高直しにより1万 2700石となり,廃藩置県にいたった。山崎氏は外様,江戸城柳間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なりわはん【成羽藩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

成羽藩
なりわはん
備中(びっちゅう)国川上郡成羽(岡山県高梁(たかはし)市成羽町)に陣屋を置いた藩。1617年(元和3)山崎家治(いえはる)が、因幡(いなば)国(鳥取県)若桜(わかさ)から入封。摂州の地3566石をあわせ、3万5000石の大名として立藩。1637年(寛永14)家治は肥後国(熊本県)天草へ移封されるが、39年、常陸(ひたち)国(茨城県)下館(しもだて)藩主水谷勝隆(みずのやかつたか)が5万石で入部。1642年水谷氏が備中松山藩に移封されて廃藩、58年(万治1)前藩主山崎家治の二男豊治(とよはる)が、讃岐(さぬき)国(香川県)丸亀(まるがめ)から5000石の旗本(交替寄合衆(こうたいよりあいしゅう))として入った。以後、11代にわたって在封し、明治維新に至っている。1869年(明治2)11代治正(はるまさ)は、全知行高(ちぎょうだか)1万3000石余に達し、「高直り大名」となり、華族に列せられた。前山崎氏は大坂城の石垣普請(ふしん)工事で著名となり「大坂中之島」が廃石によりつくられ、山崎領とされた。前、後とも山崎氏は連島(つらしま)の干拓により知行高を増加させている。71年廃藩、成羽県、深津県、小田県を経て75年岡山県に編入された。[人見彰彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成羽藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成羽藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation