@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

成羽【なりわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

成羽
なりわ
岡山県西部,吉備高原上にある地区。旧町名。 1901年町制。 1955年中村と合体。同 1955年吹屋町を編入。 2004年 10月,旧高梁市,有漢町,川上町,備中町と合併し,新市高梁市発足。中心集落の成羽は高梁川の支流成羽川に沿う旧陣屋町で,コンニャクやタバコを集散する河港でもあった。北部の吹屋は近世初期,吉岡銅山のあった旧鉱山町で,その後もべんがらの製造が盛んであった。ふるさと村に指定された古い町並みは伝統的建造物群保存地区。重要無形民俗文化財の備中神楽の発祥地。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

成羽
なりわ

岡山県西部、川上郡(かわかみぐん)にあった旧町名(成羽町(ちょう))。現在は高梁市(たかはしし)の一地区。1901年(明治34)東成羽村が町制施行して成立。1906年成羽村、1955年(昭和30)中村と合併、同年吹屋(ふきや)町を編入。2004年(平成16)高梁市、有漢(うかん)町、川上町、備中(びっちゅう)町と合併、高梁市となる。旧町域は、吉備(きび)高原上にあり、東流する高梁(たかはし)川支流の成羽川沿いなどに小平地が開け、国道313号が通じる。中心の成羽地区は、近世初期一時成羽藩が置かれたが、そのあとには交替寄合(こうたいよりあい)山崎氏5000石の陣屋町。川上郡の中心であった。農林業のほか、畳糸製造などがある。成羽美術館には町出身の児島虎次郎(こじまとらじろう)の洋画のほか、県出身の洋画家の作品などを所蔵、虎次郎遺愛の古美術品や成羽植物群の化石なども陳列されている。吹屋地区は平安時代から銅を採掘し、鉱山町として栄えたが、1972年閉山。江戸末期から明治にかけての建物の多い町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区で、商家を利用した吹屋ふるさと村がある。旧備中(びっちゅう)国一円に伝わる備中神楽(かぐら)(国の重要無形民俗文化財)保存会がある。中生代三畳紀(約1億8000万年前)の植物群化石である成羽植物群が分布する。

[由比浜省吾]

『竹内明照著『成羽史話』(1965・成羽町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成羽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成羽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation