@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

成長点【せいちょうてん】

大辞林 第三版

せいちょうてん【成長点】
茎や根の先端にあって、活発に分裂して新しい組織を作る部分。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

成長点
せいちょうてん
植物の先端にあって、細胞の増殖、器官形成といった顕著な形成活動を行う部分をいい、多くの場合、植物体はその一生を通じてこうした活動を続けていく。「生長点」とも表記される。成長点は単なる「点」ではなく、活発に分裂する細胞からなる頂端分裂組織である。茎の成長点は茎頂ともよばれ、外側を若い葉で囲まれ、一般に半球状で側面に葉、枝、花などの原基を形成する。また、根の成長点は先端部と根冠によって保護されており、根の内部で各組織を形成する。[相馬研吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成長点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成長点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation