@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

我楽多文庫【がらくたぶんこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

我楽多文庫
がらくたぶんこ
硯友社機関誌。 1885年5月,大学予備門の学生であった尾崎紅葉山田美妙ら4人が筆写回覧誌として創刊。9~16号を印刷非売本として刊行,88年5月初めて公刊発売本として1号を発行,翌年2月 16号を出したのち,17号から『文庫』と改題,89年 10月の 27号をもって廃刊した。通巻 43冊に及び日本最初の同人雑誌として歴史的価値を残す。紅葉処女作『江嶋土産滑稽貝屏風』,美妙の処女作『竪琴草紙』は筆写本時代のこの雑誌に発表された。また,紅葉,美妙のほか,石橋思案巌谷小波,広津柳浪,川上眉山,泉鏡花,小栗風葉らの作家が,この雑誌から輩出した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がらくたぶんこ【我楽多文庫】
硯友社(けんゆうしゃ)の機関誌。明治18年(1885)創刊。同22年廃刊。同人小説短歌などを掲載。近代日本文学最初の文芸雑誌であり同人雑誌でもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がらくたぶんこ【我楽多文庫】
明治期の文芸雑誌。1885年(明治18)5月創刊,89年10月廃刊。全43冊。尾崎紅葉を中心とする硯友社(けんゆうしや)の同人誌として,筆写回覧雑誌のかたちで出発し,やがて印刷され,公売された。89年3月に《文庫》と改題した。小説系の同人誌としては,日本最初のもので,紅葉,山田美妙(びみよう),巌谷小波(さざなみ),川上眉山,広津柳浪ら明治中期の主要作家の初期の文章を収めている。題意は,政治的な文章を除いた趣味としての多様な文章の寄せ集めであり,小説,戯文,漢詩川柳,狂歌から落語までも載せる同好的,娯楽的な雑誌であったが,合評や古典翻刻も掲載するなど,しだいに文芸意識を高め,近代文学の出発の一つの場を築いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がらくたぶんこ【我楽多文庫】
雑誌。1885(明治18)~89年。硯友社の機関誌。尾崎紅葉・山田美妙らを中心とし、江戸戯作的作品が多い。近代日本最初の文芸雑誌で、同人雑誌の先駆。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

我楽多文庫
がらくたぶんこ
文芸同人雑誌。1885年(明治18)5月創刊、89年10月廃刊。尾崎紅葉(こうよう)、山田美妙(びみょう)、石橋思案(しあん)、巌谷小波(いわやさざなみ)、川上眉山(びざん)、江見水蔭(すいいん)、広津柳浪(りゅうろう)ら、硯友社(けんゆうしゃ)の機関誌。初め紅葉、美妙による筆写回覧雑誌で、内容も戯文、狂歌、都々逸(どどいつ)などをも含む遊戯的な色調が濃厚であったが、文学改良の時代風潮に応じ、近代的な写実文学の創造に向かった。同人が増加して86年11月活版の非売本形式に変わり、さらに88年5月から公売となり返り初号を出した。翌年3月の同第17号から『文庫』と改題、吉岡書籍店より発売されたが、第27号で廃刊。美妙の脱退(1888)後は紅葉が中心で、硯友社員を相次いで文壇に登場させたほか、幸田露伴(ろはん)や淡島寒月(あわしまかんげつ)の短編なども掲載した。本誌では美妙の言文一致体、紅葉の雅俗折衷(がぞくせっちゅう)体など、小説文体の模索がとくに注目される。[岡 保生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がらくたぶんこ【我楽多文庫】
文芸雑誌。硯友社の機関誌。明治一八年(一八八五)創刊、同二二年一〇月終刊。全四三冊。はじめ筆写回覧雑誌で同人の小説、短歌、詩などをのせた。のち活版非売本、活版公売本を経て同二二年より「文庫」と改題。近代文学最初の文芸雑誌であり同人雑誌。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

我楽多文庫
がらくたぶんこ
明治中期,硯友社の機関誌
1885年,尾崎紅葉・山田美妙らによって始められた。純文学同人誌の先駆となったが,'89年終刊。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

我楽多文庫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

我楽多文庫の関連情報

関連キーワード

コロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)マンダレー東京芸術大学120周年天津条約巨文島事件清仏戦争天津条約クーパーグラント

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation