@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【カイ】

デジタル大辞泉

かい【戒】
いましめ。さとし。「を破る」
《〈梵〉śīlaの訳。習慣・性格などの意》仏語。在家や出家が過ちを防止するために守らなければならない禁制。また、その個々の条目。「五」「学」
漢文文体の一。訓戒を目的としたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい【戒】[漢字項目]
常用漢字] [音]カイ(漢) [訓]いましめる
よくない事態に備えて気を引き締める。「戒厳戒心警戒厳戒哨戒(しょうかい)
(「」と通用)過ちのないように注を与える。いましめ。「戒告教戒訓戒自戒懲戒
仏道を修める者の守るべきおきて。「戒律戒定慧(かいじょうえ)五戒斎戒持戒十戒受戒破戒殺生(せっしょう)戒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かい【戒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かい【戒】
〘名〙
① いましめること。いましめ。訓戒。〔呉子‐論将〕
② (sīla の訳) 仏語。三学の一つ。心身のあやまちを防止すること。そのあやまちを防止するための規則としては、在家、出家に対して、五戒、十戒、具足戒など、種々のものがあり、また、僧俗共通の大乗の菩薩戒などがある。いむこと。〔勝鬘経義疏(611)〕
③ 漢文の一体。人をいましめるのを目的とし、漢の杜篤の「女戒」に始まるとされる。〔文体明弁‐戒〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いまし・む【戒】
〘他マ下二〙 ⇒いましめる(戒)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かい
戒律」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


かい

戒律

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation