@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

戦争【せんそう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

戦争(北川冬彦の詩集)
せんそう
北川冬彦の詩集。『現代の芸術と批評叢書(そうしょ)』第12編として1929年(昭和4)10月、厚生閣書店刊。いわゆる新散文詩運動を提唱した北川の代表詩集であり、いずれの詩も散文体で、強烈な構成意識に貫かれて書かれている。「戦争」「大軍叱咤(しった)」などには当時台頭しつつあった軍部ファシズムへの痛烈な批判があり、一方、「機械」「剃刀(かみそり)」などには感覚の鮮やかな表出があって彼の特性が鋭く出ている。この詩集で北川の昭和新詩における位置は不動のものとなった。[安藤靖彦]
『『日本の詩歌25 北川冬彦他』(中公文庫) ▽『北川冬彦自選詩集』(1981・教育出版センター) ▽桜井勝美著『北川冬彦の世界』(1984・宝文館出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戦争の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation