@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

戦時下の奄美

朝日新聞掲載「キーワード」

戦時下の奄美
沖縄本島での戦闘が激化した太平洋戦争末期、奄美群島本土を守るための前線基地として重視され、陸海軍守備隊が置かれた。奄美大島南部の瀬戸内町に軍事施設が点在し、加計呂麻島喜界島徳之島特攻隊の基地や中継飛行場がつくられた。名瀬など都市部の空襲は44年10月に始まり、群島の8有人島で計632人の死者・行方不明者が出た。住宅など約2万1千戸が破壊された。
(2008-08-12 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

戦時下の奄美」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戦時下の奄美の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation