@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

戦術【せんじゅつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

戦術
せんじゅつ
tactis
作戦または戦闘の直接目標を,最も効果的に獲得することをねらいとして行われる方法的技術。軍隊の編制,装備,配置および戦力指向の方向,時機,目標などにわたる。戦術は,方法的技術であって,それを展開し,具体化して,計画,命令,実行の過程を踏ませるのは「指揮」である。一般には基本方針に基づく長期的方戦略といい,状況の変化に応じる短期的方略を戦術といっている。戦術と戦略とは,ともに戦いに不可欠の要素であるが,両者の目標および内容には明らかな差異がある。戦術単位とは,戦略単位 (艦隊任務部隊,軍) のように独立して作戦を行いうるようなものでなく,同一兵種によるグループで,旅団 (師団) ,戦隊 (任務軍) などをいう。また戦術目標とは,軍事目標に対する攻撃をいい,これに対して戦略目標とは,非軍事目標 (都市など) に対する攻撃および戦略兵力に対する攻撃をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐じゅつ【戦術】
戦いに勝つための個々の具体的な方法。→戦略
ある目的を達成するための具体的な方法・手段。「賃金闘争の戦術を練る」「人海戦術

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんじゅつ【戦術】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんじゅつ【戦術】
個々の具体的な戦闘における戦闘力の使用法。普通、長期・広範の展望をもつ戦略の下位に属する。
一定の目的を達成するためにとられる手段・方法。 牛歩-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

戦術
せんじゅつ
tactics
戦略の下位概念で、一般には師団より小さい戦闘単位の軍事行動を計画・組織・遂行するための通則をさす。攻撃・防御、陣地戦・遭遇戦といったいくつもの形式に分けられるのが普通である。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐じゅつ【戦術】
〘名〙
① 作戦および戦闘を最も効果的に遂行するための術策。「戦略」の下位の概念。戦法。〔書言字考節用集(1717)〕
※余興(1915)〈森鴎外〉「戦略戦術(センジュツ)の書を除く外、一切の書を読まない」
② ある目的を達成するために取る手段、方法。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一七「我等の理想を作り、我等の戦術を考へ、我等の道徳を定め、人類共同の社会を建設する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戦術の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation