@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

戯言養気集【ぎげんようきしゅう】

世界大百科事典 第2版

ぎげんようきしゅう【戯言養気集】
噺本。作者不明。1615年ころ(元和年間)刊。古活字本2巻。原本は焼失したが,下巻のみが天理図書館,全文写しが《未刊随筆百種》巻四にある。江戸初期の小咄を集めたもので,寺の稚児との滑稽な話,信長・秀次の近習頓智話など70ほどの話を収める。同じころ出版された《昨日は今日の物語》に共通する話が37話もあり,江戸初期民間に流行した滑稽ばなしを,ちがった御伽衆がそれぞれに集めたものらしい。たけのこが大きい竹になると聞き,マツタケ大木になったら食べようとか,僧がガン()の毛をむしってまんまと肉だけを持ってゆかれたとか,無知,頓智,失敗,洒落が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

戯言養気集
ぎげんようきしゅう
仮名草子(かなぞうし)。2巻。作者不明。慶長(けいちょう)(1596~1615)末年ごろの成立。内容は上巻44話、下巻29話の短編笑話と「前関白(さきのかんぱく)秀吉公御検地帳」と「朝鮮国御進発之人数帳(ごしんぱつのにんずうちょう)」を収める。江戸時代の咄(はなし)の本の、出版された最初のもので、古活字版横本(よこほん)で出版された。所収の話も、貞安(ていあん)、信長、策彦(さくげん)、道三(どうさん)、石田三成(みつなり)、秀次(ひでつぐ)、盛阿弥(せいあみ)、吉田益庵(えきあん)、駒井中務少輔(こまいなかつかさのしょう)、信玄、岡田堅桃(けんとう)らの実在人物の滑稽譚(こっけいたん)や逸話と、より一般的な笑話が混在しており、話末にも教訓的言辞が多く付され、御伽衆(おとぎしゅう)の雑談の記録といった性格が強くみられる。[岡 雅彦]
『武藤禎夫・岡雅彦編『噺本大系1』(1975・東京堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戯言養気集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戯言養気集の関連情報

関連キーワード

本阿弥光悦元和人形浄瑠璃本阿弥光悦古唐津石川康勝大野治長大野治房片桐且元木村重成

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation