@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

戸次庄左衛門【ベツキショウザエモン】

デジタル大辞泉

べつき‐しょうざえもん〔‐シヤウザヱモン〕【戸次庄左衛門】
[?~1652]江戸初期の軍学者は別木とも書く。浪人仲間とともに、増上寺での徳川秀忠夫人の法要を機会に挙兵をはかったが、事前に発覚浅草(はりつけ)に処された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

戸次庄左衛門 へつぎ-しょうざえもん
?-1652 江戸時代前期の浪人。
承応(じょうおう)元年におきた浪人の反乱計画「承応事件」の首謀者。別木(べっき)()左衛門ともかくが,経歴は不明。江戸増上寺での徳川秀忠夫人崇源院(すうげんいん)の二十七回忌を利用,寺に火をつけ香典をうばい老中らを殺し,兵をあげる計画だった。密告で捕らえられ同年9月21日に磔(はりつけ)のとなった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

べっきしょうざえもん【戸次庄左衛門】
?‐1652(承応1)
江戸前期の浪人騒動である承応事件の主謀者。姓は別木とも書く。通称については,《江戸幕府日記》では庄右衛門。《正慶承明記》によれば松平直富の浪人で軍学者。1652年弟の林戸左衛門,土岐与左衛門,三宅平六らと謀り,増上寺での徳川秀忠夫人(崇源院)の二十七回忌の香典を奪い,駆けつける老中を鉄砲で撃ち,兵を挙げる計画をたてたが,永島刑部左衛門の密告で露見,同年9月21日関係者とともに浅草で磔(はりつけ)になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

べつき‐しょうざえもん【戸次庄左衛門】
江戸初期の軍学者。別木荘左衛門とも。浪人仲間と盟約し、芝増上寺で行なわれる徳川秀忠夫人法要を期し、老中襲撃、江戸放火を計ったが、事前に発覚、捕えられ、承応元年(一六五二)磔刑に処せられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸次庄左衛門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戸次庄左衛門の関連情報

関連キーワード

承応松木荘左衛門ケープ植民地別木庄左衛門デ・ロイテルホイヘンス別木庄左衛門南アフリカ共和国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation