@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

戸田旭山【とだきょくざん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

戸田旭山
とだきょくざん
[生]元禄9(1696).備前
[没]明和6(1769).2.28. 大坂
江戸時代中期の医師,本草家。本姓鈴木氏。幼名万次郎。備前藩士鈴木五左衛門の長男に生れたが,武士を嫌って母方を名のり,大坂に出て医術を学んだ。自宅に百卉園と名づけた薬草園をもち,各種の薬草を栽培するなど本草に詳しかった。宝暦 10 (1760) 年と翌年大坂の浄安寺で物産会を開いた際の記録『文会録』『浪華物産会目録』が伝わっている。著書に『非薬選』『中条流産科全書』『病名彙解補遺』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とだ‐きょくざん【戸田旭山】
[1696~1769]江戸中期の医師。備前の人。名は通称斎宮(いつき)。本草学にすぐれ、大坂で開業「救生堂圃史」「医学名数」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

戸田旭山 とだ-きょくざん
1696-1769 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)9年生まれ。備前(びぜん)岡山藩士の子。京都で吉益東洞(よします-とうどう)に医学を,津島恒之進に本草学をまなび,大坂で開業。自宅の庭(百卉(ひょっき)園)で薬草をそだて,しばしば物産会をひらいて出品した。香川修庵の「一本堂薬選」を批判して「非薬選」をあらわす。明和6年2月28日死去。74歳。本姓は鈴木。名は斎(いつき)。通称は斎宮(いつき)。別号に無悶子。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

とだ‐きょくざん【戸田旭山】
江戸中期の漢方医。名は斎(いつき)。無悶子・百卉園とも号す。備前国(岡山県)の人。本草学にすぐれ、草医斎宮と称し大坂で開業、名医として知られた。著「文会録」など。元祿九~明和六年(一六九六‐一七六九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸田旭山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戸田旭山の関連情報

関連キーワード

ニュートン土佐光成御当家令条ラ・ブリュイエールバンブルー神呪寺源註拾遺セビニェティエポロ徳川宗春

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation