@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

戸田【へだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

戸田
へだ
静岡県東部,沼津市南部の旧村域。伊豆半島の北西岸にある。 1889年村制。 2005年沼津市に編入。中心集落の戸田は天然の良港に恵まれ,遠洋漁業沿岸漁業基地背後山地ではミカンが栽培される。長い間,陸上交通が不便で水上交通に依存してきたが,第2次世界大戦後,修善寺土肥へのバス道路が新設された。富士山を眺望する風光美と好適な海水浴場,磯釣り場で有名。御浜崎には安政1 (1854) 年に戸田沖で沈没したロシア軍艦『ディアナ』号の記念碑,造船郷土資料博物館などがある。一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とだ【戸田】[地名]
埼玉県南東部の市。荒川北岸にあり、江戸時代には中山(なかせん)道渡船場があった。戸田漕艇場がある。人口12.3万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とだ【戸田】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こでん【戸田】
家屋と田地。
律令制で、郷戸の耕作田地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とだ【戸田】
埼玉県南部、荒川中流域北岸の市。近世、中山道の渡しが置かれた。住宅地・工場地化が進む。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とだ【戸田】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

戸田
へだ
静岡県田方郡(たがたぐん)にあった旧村名(戸田村(むら))。現在は沼津市南端を占める地域。旧戸田村は2005年(平成17)沼津市に編入。伊豆半島西海岸の北部に位置する。東・南・北の三方を達磨(だるま)山系に囲まれ、西は戸田港として駿河(するが)湾に開かれている。天然の良港を擁してマグロ、カツオの遠洋漁業、アジ、サバなどの巻網漁業が盛ん。タカアシガニ漁はよく知られている。ミカン栽培も行われる。観光開発に力を入れ、国民宿舎伊豆戸田荘があるほか民宿が多く、御浜岬には海水浴場がある。1854年(安政1)の大地震でロシア使節プチャーチンを乗せて戸田沖で沈没したディアナ号の記念碑(県史跡)がある。プチャーチンは自国軍艦の代艦を戸田港で新造し、これが日本に洋式造船技術をもたらす端緒となった。そのときの記録や技術資料を展示した造船郷土資料博物館がある。古くから陸の孤島で、交通は船に頼っていたが、現在、主要地方道沼津土肥(とい)線、修善寺(しゅぜんじ)戸田線が通じる。[川崎文昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐でん【戸田】
〘名〙 家屋と田地。
※三代格‐一九・寛平八年(896)四月二日「或争百姓戸田、或奪浮浪財物

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とだ【戸田】
埼玉県南東部の地名。荒川の左岸にある。江戸時代には中山道の戸田の渡しがあり、また荒川水運の船着場でもあった。第二次世界大戦後、工場の進出と住宅地の開発が著しい。戸田ボートコースがある。昭和四一年(一九六六)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とだ【戸田】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戸田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation