@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

戻り【モドリ】

デジタル大辞泉

もどり【戻り】
もとへもどること。もとの状態にかえること。
もとの場所へ帰ること。帰り。また、帰り道。「戻りはバスにする」
鉤(かぎ)や釣り針の端に逆向きにつけたとがり。
人形浄瑠璃歌舞伎で、敵役(かたきやく)と思われた人物が、善心にもどって本心を打ち明けること。また、その演技演出

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

戻り
 火戻りともいう.かまぼこの製造時の異常で,弾力加熱によって増強されるところを,それが発生しないで崩壊してしまう現象

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もどり【戻り】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もどり【戻り】
もどること。家へ帰り着くこと。 今夜は主人の-が遅い
帰り道。帰路。 行きは辛かったが-は楽だ -の車を拾う
浄瑠璃・歌舞伎の演出・演技の一形式。悪人がある動機で善人に立ち戻ったり、悪をよそおっていたものが本性の善心をあらわすことをいう。「義経千本桜」のいがみの権太など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戻り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戻りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation