@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

房戸【ぼうこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

房戸
ぼうこ
律令制時代のの一呼称戸籍上の単位である郷戸 (ごうこ) を構成する 10人内外の小家族。初め郷戸は複数の戸によって構成され,班田収授租税などの単位であったが,天平時代になると房戸が賦課の単位とされるようになった。やがて戸籍,計帳のうえでは廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼう‐こ〔バウ‐〕【房戸】
律令制におけるの呼称の一。郷戸の中に含まれる10人前後の小家族。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうこ【房戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

房戸
ぼうこ

715年(霊亀1)から740年(天平12)までの間に、郷戸(ごうこ)の下に設定された戸の単位。この期間は郷の下に里(り)が置かれ、律令(りつりょう)政府の農民の掌握政策が強化されたことと関連して設置されたもの。721年(養老5)の下総(しもうさ)国葛飾(かつしか)郡大嶋(おおしま)郷戸籍に実例がある。

[鬼頭清明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐こ バウ‥【房戸】
〘名〙
① 部屋の出入口。また、部屋と戸。〔儀礼‐士冠礼〕
② 奈良時代の戸籍などに現われる戸の構成単位。実際の家族単位に近いもので数戸で郷戸(ごうこ)を構成する。
※正倉院文書‐天平一二年(740)遠江国浜名郡輸租帳「新居郷官戸壱伯壱拾 伍捨・郷戸陸拾、房戸」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

房戸
ぼうこ
律令制下,地方行政の末端組織。➡ 郷戸・房戸

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

房戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

房戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation