@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

房総半島【ぼうそうはんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

房総半島
ぼうそうはんとう
地方の南東部に突出した半島。東と南は太平洋に,西東京湾に面する。東西約 106km,南北約 130km,面積 5119km2,海岸線の長さは 364km。千葉県の大部分を占めるが,普通は房総丘陵骨格とする突出部をいう。地形的には南から北へ3段階に低くなり,低山性の丘陵台地,平野部に区分される。南部標高 300m前後の房総丘陵で,半島の中・北部には上総下総の両台地が広がり,平野部は利根川沖積平野九十九里平野,東京湾岸の三角州平野などである。南部の海岸には海岸段丘隆起海食台地,海食崖が発達し,出入りに富んだ海岸線が多い。太平洋岸の太東崎から東京湾岸の富津岬にいたる約 190kmの海岸地帯は,1958年南房総国定公園に指定された。半島南部は全般に温暖多雨の気候,特に海岸沿いの平地は無霜地帯で花卉栽培が盛ん。房総丘陵以北は首都圏の一部に属し,そのなかに点在する近郊農業地域は九十九里平野にまで及んでいる。東京湾岸には京葉工業地域造成が進み,住宅や工場の進出が著しく,急速に都市化,工業化が進行している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼうそう‐はんとう〔バウソウハンタウ〕【房総半島】
関東地方南東部の半島。特に、房総丘陵を中心とする南部をいう。西は東京湾、東は太平洋に面する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうそうはんとう【房総半島】
関東地方の南東に突出する半島。千葉県域の大部分を占め,半島名は旧国名(安房,上総,下総)にちなむ。半島基部は東京湾奥の浦安銚子を結ぶ下総台地の地域にあたるが,狭には南部の房総丘陵とその海岸地域を指す。半島は南から北に向かって高度を減じ,房総丘陵,下総台地,利根川・江戸川沿岸の低地に続く。東の太平洋岸に九十九里平野が開け,西の東京湾岸には三角州が連なる。南部の房総丘陵は断層地形で起状が複雑である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうそうはんとう【房総半島】
関東地方の東南部、太平洋に突出する半島。千葉県の大部分を占める。洲崎を境に西部の東京湾側を内房、東部の太平洋側を外房という。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

房総半島
ぼうそうはんとう
関東地方南東部に大きく突き出た半島。東と南は太平洋、西は東京湾と浦賀水道に面し、千葉県の全域である。関東構造盆地運動の結果、南から北へ房総丘陵、下総台地(しもうさだいち)、利根川(とねがわ)と江戸川の低地と高度は低くなっていく。東京湾岸は江戸川や房総丘陵を北流する養老川、小櫃川(おびつがわ)、小糸川などの河川がつくる東京湾沿岸平野があり、一方、東側の下総台地末端には隆起海岸平野の九十九里平野が広がる。
 房総丘陵はおもに第三紀三浦層群や第四紀上総(かずさ)層群からなり、東西方向の断層運動が活発で地層が複雑に入り乱れ、加茂(かも)川低地や館山(たてやま)平野は地溝、嶺岡(みねおか)山地は地塁をなす。下総台地は標高30~40メートルの広大な土地で、富士・箱根火山の噴出した火山灰からなる赤土の関東ローム層が3~6メートルの厚さで堆積(たいせき)し、水なしの地として長く放置されていた。近世、小金五牧(こがねごまき)、佐倉七牧の野馬放牧場が置かれ、明治時代以後はその開拓が奨励された。今日千葉県における野菜生産地域として機能しているが、新東京国際空港(現、成田国際空港)の建設もあって地域変化が著しい。半島の北西部、東葛(とうかつ)地域は千葉ニュータウンをはじめ住宅地、工業団地が開発され都市化が進行している。利根川低地は水郷をなし、印旛沼(いんばぬま)の干拓や水田の土地改良がなされ、千葉県の穀倉地帯となっており、早場米が生産される。東京湾岸の浦安市から富津(ふっつ)市に至る海面のほとんどは埋め立てられ京葉臨海工業地域が形成され、反面、ノリと貝の養殖場、海水浴場や潮干狩場などのレクリエーション地が消滅した。そこで千葉市稲毛(いなげ)区稲毛、花見川区幕張(まくはり)の地先海岸にそれぞれ人工海浜が造成され、市民の憩いの場が復活した。九十九里平野は干害に悩まされてきたが、大利根用水、両総(りょうそう)用水の完成によって米作は安定し、さらに施設園芸、植木、養豚などに新たな活路をみいだしている。海岸線は長大な九十九里浜や内房(うちぼう)、外房(そとぼう)の岩石海岸が続き、沖合漁業や磯根(いそね)の沿岸漁業、さらに花卉(かき)栽培が盛んで、また、海水浴場や観光施設が整備されて観光産業が活発化している。[山村順次]
『菊地利夫著『房総半島』(1982・大明堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼうそう‐はんとう バウソウハンタウ【房総半島】
関東地方東南部の半島。房総丘陵を骨格とする突出部をいい、東・南岸は太平洋に、西岸は東京湾に面する。海岸地帯は風光にすぐれ、南房総国定公園に指定されている。房総。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

房総半島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

房総半島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation