@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

所在記号【しょざいきごう】

図書館情報学用語辞典

所在記号
図書館資料の排架位置を示す請求記号や,総合目録の資料の所蔵館を示す所蔵記号”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).このような所在記号は所蔵事項の一部を構成する.請求記号は,資料を主題別にグループ化する分類記号,同一分類記号内の資料を個別化する図書記号別置の場所を示す別置記号などで構成され,資料の排架位置を決定するとともに,閲覧や貸出あるいは蔵書点検などの際に資料を特定する記号として用いられる.また,所蔵記号は,総合目録における所蔵館の名称や,資料の配置場所を示すコードなどから構成される.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所在記号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所在記号の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation