@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

所在【ショザイ】

デジタル大辞泉

しょ‐ざい【所在】
物事が存在する所。ありか。また、人が居る場所。「責任の所在をはっきりさせる」「犯人の所在は不明です」
すること。行為。仕事。「所在がなくて退屈している」
身分。地位。境遇。
「―こそ出女(でおんな)なれ、お大名へも知られた関の小まんがてて親を」〈浄・丹波与作

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょざい【所在】
スル
物や人が存在すること。存在する場所。ありか。 -をつきとめる どこにも-しない -地
すること。しわざ。行為。 此様な-をするも、どうぞして金をこしらへ/歌舞伎・韓人漢文
身分。職業。境遇。 -こそ出女なれ/浄瑠璃・丹波与作
[句項目] 所在が無い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐ざい【所在】
〘名〙
① (━する) あること。存在すること。また、それがある所。ありか。すみか。
※将門記(940頃か)「時に新皇将門が前の陣、未だ敵の所在を知らざるを以て」
※越前竹人形(1963)〈水上勉〉一六「その分岐点に近い洲に所在したのが中書島遊廓である」 〔春秋左伝‐定公五年〕
② ここかしこ。ところどころ。
※日本外史(1827)二「当是時、除陸奥出羽外、尽係平氏所一レ管、所在源氏、皆為人所擯斥」 〔後漢書‐陳蕃伝〕
③ すること。しわざ。行為。ふるまい。
※浄瑠璃・烏帽子折(1690頃)三「しょくにんなれどゑぼし屋はお公家まじはり、上品たるしょざいにつれて気も至り」
④ 地位や身分。境遇。職業。
※評判記・難野郎古たたみ(1666頃)序「やらうはそのしょざいにてみをすぎ、ずいふんはなりふりをたしなみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所在」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所在の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation