@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

所得再分配【しょとくさいぶんぱい】

世界大百科事典 第2版

しょとくさいぶんぱい【所得再分配】
市場機構によって決定される所得分配(所得分配)を,なんらかの目的に基づいて分配しなおすこと。経済政策は直接的であれ間接的であれ,いずれも所得再分配という機能を営んでいる。所得移転を本来の目的としている所得再分配政策は,一般に機会の均等,最低生活の保障,生活の安定に資するために講じられる。義務教育,地方交付税・国庫支出金社会保障,低開発国援助などがその例である。他方,完全雇用政策・公共投資あるいは市場価格の直接規制・操作(公共料金規制,米価支持,最低賃金,家賃統制,輸入関税),さらには公共財源の調達・発行(租税,社会保険料,国債)などによっても所得は間接的に再分配される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

しょとく‐さいぶんぱい【所得再分配】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所得再分配」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所得再分配の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation