@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

所得【ショトク】

デジタル大辞泉

しょ‐とく【所得】
その身に得ること。また、得たもの。
「其落付を品性と教育からのみ来た―とは見傚(な)し得なかった」〈漱石・彼岸過迄〉
一定期間に、個人・法人勤労・事業・資産などによって得た収入からそれを得るのに要した経費を控除した残りの純収入。「課税所得

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐とく【所得】
得をすること。もうけること。
「これにかへてんやと言ひければ、玉のぬしの男、―したりと思ひけるに」〈宇治拾遺・一四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょとく【所得 income】

定義
 一般には,一定期間の勤労,事業,資産などから得る収入全体をさし,賃金俸給地代家賃利子利潤などがそのおもな構成要素となるものを味する。所得は,さまざまなやサービスの獲得能力,すなわち富力を代表する重要な指標と考えられている。それがただちに購買力として行使されるか,あるいは潜在的な購買力としてストックされるかは,家計の消費行動に大きく規定される。しかしいずれにせよ,産業社会においては,フローとしての貨幣所得が国全体,あるいは一家計の富力を表す指標として最も適切なものであることには変りはない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうとく【所得】
スル
得をすること。もうけること。 玉のぬしの男、-したりと思ひけるに/宇治拾遺 14

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょとく【所得】
一定期間に、個人・企業などの経済主体が勤労・事業・資産などによって得た収入から、それを得るのに要した経費を差し引いた残りの額。 -の源泉
一定期間における財産の増加分から減少分を差し引いた残りの額。国民-
収入。利益。
得ること。会得えとくすること。 いかに況んや、人として説の如く修行せむ-の功徳をや/今昔 14

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

所得
しょとく
income
経済活動に参加し生産のために提供した労働・土地・資本などの生産要素の代価として受け取る報酬をいう。所得には個人所得、企業所得、政府所得がある。個人所得には賃金・給与などの雇用者所得と、地代・利子・配当などの財産所得がある。企業所得、政府所得も個人所得に準じて把握される。これらの所得を国民経済全体について集計すると国民所得が得られ、生産要素ごとに集計すると分配国民所得が得られる。国民経済計算では、雇用者所得、財産所得、企業所得に区別し、これらの合計から負債利子を控除して分配国民所得を得ている。これを人口で割ったものが1人当り国民所得である。また、個人所得から所得税・社会保険料などの税負担を控除したものが個人可処分所得である。個人可処分所得は貯蓄や消費量を最終的に規定するところから、最近では1人当り国民所得とともに、その動向が注目されている。[鈴木博夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐とく【所得】
〘名〙 得をすること。もうけること。収入。利益。しょとく。
※古本説話集(1130頃か)五八「この布をひとむら取らせたれば、男おもはずなるせうとくしたりと思ひて」
[補注]「所」字には「せう」の音がないところから、「抄徳(せうとく)」(「うまいことをする」の意)と解する説もある。しかし、その意味・用法は当時の「所得(しょとく)」に類似しており、「女(にょ)」を「にょう」と発音し、院政時代には「女房(にょうぼう)」を「ねうばう」とも表記したように、「所(しょ)」を「しょう」と発音し、「所得(しょうとく)」を「せうとく」と表記したものと考えられる。ただし、「色葉字類抄」をはじめ、当時の古辞書で「所得」は「ショトク」であり、「ショウトク」あるいは「セウトク」とする例は見えない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ‐とく【所得】
〘名〙
① (━する) 自分の身に得ること。会得(えとく)すること。また、得たもの。
※今昔(1120頃か)一四「何(いかに)(いはむ)や、人として説の如く修行せむ所得の功徳(くどく)をや」
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉停留所「彼は其落付を品性と教育からのみ来た所得(ショトク)とは見做し得なかった」 〔大智度論‐一〕 〔春秋左伝‐襄公一九年〕
② 自分のものとなった品物・金銭や利益・収入。もうけ。
※源平盛衰記(14C前)三四「院の御厩(むまや)の別当に成りて、思ふさまに馬取り乗らんも所得(ショトク)也とて、押して別当に成りてけり」
③ 個人または法人が一定期間の勤労・事業・資産などから得る収入。税法では、そこから必要経費や所定の額を差し引いた残高をいい、所得税、法人税が課せられる。〔英和外交商業字彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所得」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所得の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation