@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

所有と経営の分離【しょゆうとけいえいのぶんり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

所有と経営の分離
しょゆうとけいえいのぶんり
separation of ownership and management
株式会社制度にみられる資本所有と資本機能の分離をいう。株式会社では資本所有は株主総会によって代表され,資本機能は総会によって委任される重役会が遂行する。会社支配とか経営支配に必要な議決権は,原則として全体の過半数を占めなければならないが,株式会社の発展に伴い,より大量の株式が発行され,より多数の投資家の間に株式が分散されると,この原則は現実的ではなくなる。株式所有の分散化を経営者支配成立の根拠として説いたのが,A.バーリと G.ミーンズである。株式の分散は多数の中小零細投資家層の拡大によって進むが,これらの人は会社経営への参加が目的ではなく,配当金の取得や株価の値上がりによる資本利得を目的としている。このような状態のもとで会社経営の支配を目的とする大株主の株式所有は,実質的にはより小さい割合ですむことになる。さらに経営規模の拡大,株式分散化が高度化し,管理機構が複雑となり経営の専門的知識が必要になると,所有は雇用経営者に経営を代行させるようになる。この結果,所有者の直接管理は間接管理に移り,所有者は経営面から後退する。こうして所有と経営の分離はますます進展することになる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょゆうとけいえいのぶんり【所有と経営の分離】
一般に,単一または少数の資本所有者による経営支配から,資本所有者が分散し,経営者職能を専門にする者に経営をゆだねられた,いわゆる専門経営者による経営支配へ移行する過程をいう。〈所有〉は資本の所有の意味なので,〈資本と経営の分離〉ということもある。 企業の規模が小さいころは,資本所有者は同時に経営の支配者でもあったが,市場の拡大,企業規模の拡大に伴って巨大な資本調達が必要となり,企業は譲渡可能な株式を発行した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

所有と経営の分離
しょゆうとけいえいのぶんり

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所有と経営の分離」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所有と経営の分離の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation