@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【とびら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


とびら
建具一種。建築物や各部屋の入口につけられて開口部を閉じたり,部屋を外部と遮断する機能をもつ部分。1枚,2枚,折りたたみ式,回転式などがあり,支持部分にばね,ちょうつがい,敷居滑車などを使った引き扉と押し開き扉がある。材質は木,金属,ガラスなどである。建築の美的構成上重要な部分をなし,装飾的に扱われることが多かった。特にイスラム建築ゴシック建築の場合にはそれが顕著である。カイロのスルタン・カイト・ベイの廟扉 (1472~76,ビクトリア・アンド・アルバート美術館) や,ロレンツォ・ギベルティ作のフィレンツェのサン・ジョバンニ洗礼堂,サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の扉 (1403~52) は,代表的な装飾扉の例である。また墳墓の上ぶた,厨子の前ぶたなども扉と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

と‐びら【扉/×闔】
《「戸(と)片(ひら)」の意》窓・出入り口・戸棚などにつける開き戸の戸。
書物の見返しの次にある、書名・著者名などを記したページ。
雑誌で、本文にはいる前の第1ページ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ【扉】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]とびら
〈ヒ〉両側に開く戸。とびら。「開扉柴扉(さいひ)鉄扉門扉
〈とびら〉「回転扉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とびら【扉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

扉 (トベラ)
学名:Pittosporum tobira
植物。トベラ科の常緑低木・小高木,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

扉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation