@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手の筋【テノスジ】

デジタル大辞泉

て‐の‐すじ〔‐すぢ〕【手の筋】
手の皮膚を通して見える静脈。
手のひらにある筋。手相。てすじ。
2を見てその人の運勢を当てるところから》相手の身の上について、言いあてること。
「笑っている所を見ると―だね」〈紅葉多情多恨
筆跡。筆づかい。また、文字の巧拙の素質。「手の筋がいい」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てのすじ【手の筋】
手の皮膚を透かして見える静脈。あおすじ。
てのひらに刻まれた筋。手相。てすじ。 -が見てもらひたい/浄瑠璃・道成寺現在蛇鱗
言い当てること。 とてものことに-といひたい程に当てられたが/歌舞伎・勧善懲悪覗機関

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て【手】 の 筋(すじ)
① 手の皮膚を通して見える血脈。あおすじ。
② てのひらについているすじ。てのひらにあらわれた紋理。手相。てすじ。てのあや。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第九「千貫目親のつたはり穐の月〈西道〉 よい事計手の筋の蔦〈西伝〉」
③ ②を見て、運勢吉凶を判断する人。手相見。また転じて、相手の身の上についてうまく言いあてること。
※歌舞伎・勧善懲悪覗機関(村井長庵)(1862)序幕「とてもの事に手の筋と言ひたい程に当てられたが」
④ 文字の書きざま。また、文字を書く巧拙の性分(しょうぶん)
※蜻蛉(974頃)下「陸奥紙にてひき結びたる文の〈略〉みれば、心つきなき人のてのすぢにいとようにたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手の筋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手の筋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation