@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手事物【てごともの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

手事物
てごともの
日本音楽の楽分類名称。地歌箏曲のうち手事に比重のある楽曲の総称。ただし箏曲の段物のように単に器楽曲であるだけの曲や山田流箏曲『桜狩』のように,その間奏部がかなり長いというだけでは手事物といわない。本来は地三弦曲での呼称で,従来「長歌物」または「端歌物」であった楽曲中,その手事部分が形式化し発展したものを,寛政 (1789~1801) 頃から「手事の部」という分類を立てはじめたもの。柳沢淇園 (柳里恭) の『ひとりね』 (1724成立) に手事の名称がみえるが,『新うたぶくろ』 (89刊) には,『さらし』『六だんすががき』『六だんれんぼ』『三だんじし』『八千代じし』『みやこじし』『なにはじし』『川かすみ』『きさらぎ』『玉川』『虫の音』の 11曲を手事の部に入れている。その後「獅子物」を中心に手事物が数多く作曲されるようになり,端歌物の『雪』などで知られている峰崎勾当なども『東獅子』『越後獅子』『残月』などの手事物の名曲を残した。これらの三弦手事曲に対して,文化 (1804~18) 頃から,その替手 (かえで) を箏に移して合奏するようになり,大坂では市浦検校などが特に箏による替手の作曲を行なった。京都ではこれを八重崎検校などが受継ぎ,なかでも京都で作曲された松浦検校や菊岡検校,石川勾当らの三弦手事曲に替手式の箏の手を盛んに作曲したので,「京物」のなかでも特に「京風手事物」とも呼ばれ,地歌と箏曲との区別が明確でなくなっていった。山田流箏曲では,こうした地歌からの移曲を除くと,手事曲と指定しているのは『都の春』『岡康砧』などわずかにすぎない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てごと‐もの【手事物】
地歌箏曲で、歌よりも手事1の部分を重視した曲。「残月」「西行桜」「笹の露」「八重衣」「岡康砧(おかやすぎぬた)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てごともの【手事物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てごともの【手事物】
地歌・箏曲で、手事を含む曲。多くは前歌・手事・後歌の楽曲構成をとる。「笹ささの露」「残月」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てごと‐もの【手事物】
〘名〙 地唄や箏曲で、歌よりも手事②の部分を重要視した曲。「残月」「四季の眺め」「笹の露」「八重衣」「新ざらし」「岡康砧(おかやすぎぬた)」など。⇔唄物

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手事物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手事物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation