@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手代【てだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

手代
てだい
江戸時代の商家奉公人の身分の一つ。丁稚 (でっち) と番頭中間身分で,丁稚を無事に勤めると 17~18歳で元服を許され手代に昇進した。番頭のもとで経理,売買,商品吟味,得意先回りなどをした。手代になると羽織着用,酒,たばこなどを許された。業務に習熟し一人前として認められるのは 30歳前後だった。 (→丁稚制度 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

て‐だい【手代】
商家で、番頭と丁稚(でっち)との中間に位する使用人。
商店で、主人から委任された範囲内で、営業上の代理権をもつ使用人支配人よりは権限が狭い。
江戸時代、郡代代官奉行などに属して雑務を扱った下級役人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てだい【手代】
(1)江戸幕府の郡代・代官の属僚。江戸初期の手代は〈てがわり〉と呼び,代官クラスをいう。江戸中期以降は農民町人で地方(じかた)の事務の熟練者を縁故により採用した。その場合,勘定所の許可を得て正式に雇われ,給料は郡代,代官の入用で賄われた。書役より昇格したが,待遇には個人差があった。1725年(享保10)以降の給与は20両五人扶持で,役所の事務を総括した元締手代になると30両五人扶持が給された。江戸詰,代官所詰で常駐した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

てがわり【手代】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

手代
てだい

1

江戸時代に幕府の郡代、代官、奉行などの下で支配事務に従事した下僚。諸藩においても郡奉行(こおりぶぎょう)や代官の属僚として設置される例がある。幕府代官の下では、幕府直轄領支配の実務を行った。代官の赴任先で村役人や商人の子弟などを書役(かきやく)という見習に採用し、検見(けみ)や徴税の実務を覚えると手代に昇任させた。給料は、1725年(享保10)には20両5人扶持で、代官の諸入用から支給された。元来百姓や町人身分であったが、手代在勤中は武家振る舞いができた。寛政期から手代と同じ業務をする幕府御家人身分の手付(てつき)が新設され、手代から手付に昇任する道が開いた。代官陣屋のなかで筆頭の手代を元締手代、次席を加判手代といった。

 幕府の他の役所では、漆(うるし)奉行、林奉行、作事(さくじ)奉行、材木奉行、細工方(さいくかた)、小普請方(こぶしんかた)などの技術系の部門や、二条御蔵、大津御蔵にも配備された。給料はおよそ20~30俵2~3人扶持であった。

[定兼学]

2

近世以降の商家における奉公人で、10歳前後の丁稚(でっち)・子ども・若衆を経て一人前に営業できるようになった者。羽織や酒、煙草も許され、給料が支給される。丁稚と同様住み込みの平手代、所帯を持つ宿持手代がある。出世すると、店舗の運営管理をする番頭や支配人になる。長年勤めて円満退職するものは、暖簾(のれん)分けを受け、独立することができた。

[定兼学]

『安藤博編『徳川幕府県治要略』復刻版(1981・柏書房)』『旧事諮問会編『旧事諮問録 下』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て‐しろ【手代】
〘名〙 =てがわり(手替)
※雑俳・表若葉(1732)「踊り子の母は手代(てしろ)の楽屋番」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

て‐だい【手代】
〘名〙
① 人の代理をすること。また、その人。てがわり。
※御堂関白記‐寛弘六年(1009)九月一一日「僧正奉仕御修善、手代僧進円不云案内」
※満済准后日記‐正長二年(1429)七月一九日「於仙洞理覚院尊順僧正五大尊合行法勤修云々。如意寺准后為手代参住云々」
② 江戸時代、郡代・代官に属し、その指揮をうけ、年貢徴収、普請、警察、裁判など民政一般をつかさどった小吏。同じ郡代・代官の下僚の手付(てつき)と職務内容は異ならないが、手付が幕臣であったのに対し、農民から採用された。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)中「御代官所の手代などいふものの、私にせし所あるが故なるべし」
③ 江戸幕府の小吏。御蔵奉行、作事奉行、小普請奉行、林奉行、漆奉行、書替奉行、畳奉行、材木石奉行、闕所物奉行、川船改役、大坂破損奉行などに属し、雑役に従ったもの。
※御触書寛保集成‐一八・正徳三年(1713)七月「諸組与力、同心、手代等明き有之節」
④ 江戸時代、諸藩におかれた小吏。
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)七月二三日「其切手・てたいの書付、川井嘉兵へに有」
⑤ 商家で番頭と丁稚(でっち)との間に位する使用人。奉公して一〇年ぐらいでなった。
※浮世草子・好色一代男(1682)一「宇治の茶師の手代(テタイ)めきて、かかる見る目は違はじ」
⑥ 商業使用人の一つ。番頭とならんで、営業に関するある種類または特定の事項について代理権を有するもの。支配人と異なり営業全般について代理権は及ばない。現在では、ふつう部長、課長、出張所長などと呼ばれる。〔英和記簿法字類(1878)〕
⑦ 江戸時代、劇場の仕切場(しきりば)に詰め、帳元の指揮をうけ会計事務をつかさどったもの。〔劇場新話(1804‐09頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

手代
てだい
江戸時代の商家の奉公人
番頭と丁稚の間の身分。住込みであるが,給金を支給され,一人前の店員として扱われた。丁稚を数年から十数年勤めあげて27〜28歳でなるのが普通であるが,早い者は17〜18歳,遅い者は30〜40歳でなる例もあった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation