@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手元流動性【てもとりゅうどうせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

手元流動性
てもとりゅうどうせい
cash and cash equivalents
現金,預金および市場性のある短期保有の有価証券の合計額をいう。これらの資産項目は,流動資産の中でも最も換金性が高いため,緊急時における企業の支払能力や資金繰り余裕を評価する尺度として利用される。景気拡大や金融緩和の時期には,この金額が増加し,企業の財務体質が強化される傾向がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てもと‐りゅうどうせい〔‐リウドウセイ〕【手元流動性】
手元にある現金と預金の残高と換金可能な有価証券との合計額。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

手元流動性
手元にあり、何にでも使うことのできる流動的な資金が、どのくらいあるのかを示す指標

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

ナビゲート ビジネス基本用語集

手元流動性
手元流動性とは、すぐに支払に当てることのできる資産のこと。具体的にはキャッシュとほぼ同じもので、貸借対照表の「資産の部 流動資産」に記載された「現金・預金」および(短期の)「有価証券」の合計額で示される。この合計額を月の平均売上高で割った数字手元流動性比率というが、これを単に手元流動性とよぶこともある。 手元流動性比率=(現金・預金+短期有価証券)÷(年間総売上高÷12) 手元流動性比率は、企業の財務分析において経営の安全性(健全性)を示す指標の1つであり、企業の支払能力の余裕度を表す。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てもとりゅうどうせい【手元流動性】
企業などが保有する、流動性が最も高い現金・預金・短期保有の有価証券を合計したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手元流動性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手元流動性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation