@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手刀を切る【てがたなをきる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

手刀を切る
てがたなをきる
相撲用語。懸賞のかかった取組の勝ち力士が,勝ち名のりを受けるとき,行司団扇に載せて差し出す懸賞ののし袋を受ける際の作法真ん中天御中主神 (あめのみなかぬしのかみ) ,正面が高御座巣日神 (たかみむすびのかみ) ,裏正面が神産巣日神 (かみむすびのかみ) で,この勝利三神に感謝する意味で切るものとされ,袋の上で,東なら,真ん中・右・左,西なら,真ん中・左・右の順で手刀を切るのが正式である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

手刀(てがたな)を切・る
相撲で、勝ち力士が土俵の上で、行司から懸賞金を受け取るときの作法。右手を手刀にして中央・右・左の順に切る。造化(ぞうか)の三神(さんじん)に対する尊敬を表すものとされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てがたなをきる【手刀を切る】
相撲で懸賞金を受け取るときの作法。手刀で「心」あるいは「忄(りつしんべん)」を書くまねをする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てがたな【手刀】 を 切(き)
相撲で、懸賞のかかった取組みの勝ち力士が、勝ち名乗りを受けるとき、行司が軍配にのせて差し出す懸賞金を、手刀を中・右・左と縦に三回振り受け取る作法。三回振るのは造化三神を敬い、感謝する意とされる。現在は左・右・中の順で切る。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉日本「業者思想」欧州に死す「愛想よく手刀くらいは切ってみせて受けとらなくちゃいけません」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手刀を切る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手刀を切るの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation