@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手取温泉【てどりおんせん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

手取温泉
てどりおんせん

石川県南部、白山市(はくさんし)鳥越(とりごえ)地区にある白山温泉郷国民保養温泉地の一つ。手取峡谷に沿い、紅葉が美しい。天正(てんしょう)年間(1573~1592)に鳥越城主が利用したと伝える。泉質は硫酸塩泉である。近くに鳥越大日スポーツランドがある。北陸鉄道石川線鶴来(つるぎ)駅からバス30分、上野(かみの)下車。

[矢ヶ崎孝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手取温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手取温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation