@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手形割引【てがたわりびき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

手形割引
てがたわりびき
discounting of bill
単に割引 discountともいう。満期のまだきていない手形の所持人 (割引依頼人) から金融機関がその手形を譲り受け手形金額から満期までの利息 (割引料という) を差引いた金を割引依頼人に交付する融資方法の一つで,金融機関の貸付業務の一種。金融機関が割引く手形には商業手形荷為替手形銀行引受手形などがあるが,一般に手形割引という場合商業手形の割引をさすことが多い。そして手形貸付よりも期間は短く,利子率も低い。手形の振出人である企業の信用度によって割引してくれるので,最優遇金利が適用され,公定歩合に連動して動く。なお,割引いた手形が不渡りになった場合は,金融機関は割引依頼人に不渡手形の買戻しを請求するが,これはあらかじめ金融機関と割引依頼人 (取引先) の間で締結されている特約 (銀行取引約定書など) に基づく権利によって行われるもので,手形買戻請求権という。そしてこの場合の手形の買戻しは再売買であるとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てがた‐わりびき【手形割引】
手形の所持人が満期前に現金化したいとき、銀行などの金融機関に依頼して手形金額から満期までの利息を差し引いた金額を受け取り、その手形を裏書譲渡する行為。割引。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事業再生用語集

手形割引
一般に流通する手形で、銀行の基本的な信用供与形式。手形に記載した支払期日以前に手形を買い取ってもらう場合のことで、期日までの利子分の額を引いた残高(割引残高)を金融機関に支払う。

出典:(株)セントラル総合研究所

世界大百科事典 第2版

てがたわりびき【手形割引】
金融の一手段として行われる取引形態で,金融機関等が,取引先の所持する支払期日未到来の手形を買い取る取引をいう。支払期日前手形の換価方法として,買取日から支払期日に至るまでの金利相当額(これを割引料という)を手形額面額から差し引く形式をとるところから,手形割引の名称が発生したものである。割引の対象となる手形の種類としては,銀行引受手形,商業手形,荷付為替手形があるが,大部分は商業手形である。商業手形は,商取引に基づく代金支払または代金取立てのために振り出される手形であり,商品売買等の裏づけがあるために,決済は確実で,債権回収上比較的安全であると考えられ,かつ再割引の便もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てがたわりびき【手形割引】
手形の所持人が支払い期日以前の手形を金融機関などの第三者に裏書譲渡し、支払い期日までの利息や手数料を差し引かれて金銭化すること。割引。割手。 → 割引手形

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

手形割引
てがたわりびき

期日未到来の手形を満期までの利息(割引料)を差し引いて金融機関が買い取る形式の融資形態。割引の対象になる手形には商業手形、荷為替(にがわせ)手形、銀行引受手形などがあるが、大部分は商業手形である。手形貸付とともに、短期運転資金の融資方式として代表的なものである。なお、手形割引の法律的性質については、手形の売買とする説と消費貸借とする説とがあるが、今日では前者のほうが一般的である。

[井上 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てがた‐わりびき【手形割引】
〘名〙 銀行などが手形に記載された金額から、支払期日までの利子や手数料を差し引いた残金で、その手形を買い受けること。支払期日以前に手形を現金化する時に用いられる。〔銀行小言(1885)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手形割引」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手形割引の関連情報

関連キーワード

SDSDS国庫短期証券ティービル為替プレミアムDDMDSSSDDS為替打歩直先スプレッド

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation