@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手打ち【テウチ】

デジタル大辞泉

て‐うち【手打ち】
そば・うどんなどを、機械を使わないで手で打って作ること。「手打ちそば」
売買契約和解などが成立したしるしに、関係者一同が手を打ち鳴らすこと。転じて、契約や和解が成立すること。「手打ち式」
(「手討ち」とも書く)武士が家臣や町人などを自分の手で斬(き)り殺すこと。おてうち。
江戸時代の歌舞伎で、顔見世興行のとき、ひいきの連中土間に立って手を打ちはやすこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

てうち【手打ち】
そば・うどん・中華麺・パスタなどを、機械を使用せずに手作業で作ること。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

手打ち
てうち

手じめのこと。諸商人の商談などで契約成立の場合、柏手(かしわで)をする慣習がある。柏手には、契約、和解、祝儀などの意があり、神前の柏手同様、神霊に託して行う形である。歌舞伎(かぶき)役者が座組みの際、配役につき異議のないしるしとしてする手打ち、やくざが仲裁人立会いで和解する際の手打ちなどがある。また役者の乗込みや婚礼の席での柏手には祝儀の意がある。なお、大名などが目下の者を自ら斬首(ざんしゅ)することも手打ちといい、これは手討ちとも書く。

[稲垣史生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手打ち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手打ちの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation