@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手数料【テスウリョウ】

デジタル大辞泉

てすう‐りょう〔‐レウ〕【手数料】
手数をかけたことに対する報酬として支払う金銭。「仲介業者に手数料を払う」
国・地方公共団体などが、特定のために行う事務について徴収する料金

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てすうりょう【手数料】
手続き・仲介などの行為の代償として受け取る金。 -を徴収する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

手数料
てすうりょう
一般に他人の求めに応じて行った特定の行為に対する報償として受け取る金銭をさすが、行政上は国、公共団体などが特定の者のために行う事務について徴収する料金をいう。国が徴収する手数料には民事訴訟、家事審判、非訟事件、民事調停などの司法手続、各種許認可、租税督促、戸籍、住民登録、登記、実用新案、特許、意匠、商標、各種試験など行政上の手続に関する手数料などがある。また、地方公共団体は地方自治法(227条)の定めるところにより各種手数料を徴収することができる。手数料の納入方法としては現金による方法と証紙による方法とがある。また、特定の手数料については滞納処分の例により裁判手続を経ずに徴収することができる。このような公法上の手数料は法令により一方的に定められ、私法上の手数料と異なり、国、公共団体などの提供するサービスとの間に対価関係はかならずしも存在せず、そのサービスに要する費用より安く定められることが多い。なお、公証人や執行官もその職務について法令の定める手数料を徴収できる。[阿部泰隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てすう‐りょう ‥レウ【手数料】
〘名〙
① 手数をかけたことに対する報酬として支払う金銭。
※寄笑新聞(1875)〈梅亭金鵞〉三号「五両に付き一分づつ手数料(テスウレウ)を添へずば借(かり)る者無く」
② 各種試験・商品検査など、国家または公共団体の特別の行為によって利益を享受する者が、その報酬として徴収される料金。
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)六二条「報償に属する行政上の手数料及其の他の収納金は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手数料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手数料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation