@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手柄【テガラ】

デジタル大辞泉

て‐がら【手柄】
人からほめられるような立派な働き。功績。功名。「手柄を立てる」「大手柄
腕前。手並み。
「されば―の精励、立ち合ひに見ゆべし」〈花伝・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てがら【手柄】
目覚ましい働き。腕前を発揮した成果。いさお。 -をたてる
手並み。腕前。 -の程みせん/平治 中・古活字本
すぐれているところ。誇りとするところ。 四季の草いろ〱をの〱花の-を見せ/洒落本・通言総籬

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て‐がら【手柄】
〘名〙
① その人の身についた腕前。手なみ。手練。技量。
※平治(1220頃か)中「留めんとおもはばよれや。手がらの程みせん」
※風姿花伝(1400‐02頃)二「かやうなる手がらにて、人を泣かする所あらば、無上の上手と知るべし」
② 他から賞されるような働きをすること。功績をあげること。功名を立てること。また、その働き。いさお。功名。
※太平記(14C後)八「河野と陶山が手柄(テガラ)の程、いとど名高く成にけり」
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉霧夜「その男から記事を取れば社会面の特種になり、記者として手柄になる」
③ ききめ。効能。効果。
※虎明本狂言・膏薬練(室町末‐近世初)「都へのほって、かうやくのてがらをみてまいらばやと存る」
④ 手なみを誇ること。自慢すること。
※咄本・学習院本昨日は今日の物語(1614‐24頃)「さてさて手がらなへへをもちたことぢゃ」
※玉塵抄(1563)六「手がらの兵を百ほどかくいて信をめしとってみやこへのぼせてきられたぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手柄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手柄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation