@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手段【シュダン】

デジタル大辞泉

しゅ‐だん【手段】
ある事を実現させるためにとる方法。てだて。「手段を講じる」「目的のためには手段を選ばない」「強硬手段」「生産手段
[用法]手段・方法――「患者の生命を救うための手段(方法)を考える」「相手に自分の意志を伝える有効な手段(方法)」など、目的を実現するためのやり方の意では相通じて用いられる。◇「生産の手段」というと、原料・道具・建物などをさし、それらを使って物を生産するやり方が「方法」となる。「強行手段に訴える」といえば、交渉を一方的に打ち切ったり、武力を用いたりすることで、これを「強硬方法に訴える」とは普通はいわない。◇手段は具体的な行為・方策をさし、「方法」は一つ一つの手段を総合して効果的に動かすやり方をさすといえる。◇類似の語「手だて」は、「もはやほかに手だてはない」のように、やり方の意で用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅだん【手段】
目的をとげるのに必要な方法。 目的のためには-を選ばない 最後の- 生産-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

手段
しゅだん
目的との相関概念で、目的に到達するための「手だて」「方法」をいう。そこで、手段それ自体が、それに到達する手段を必要とする目的ともなる。手段は実践上、目的を目ざす行為との関連で重視される。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐だん【手段】
〘名〙 目的を実現するための具体的な方法。てだて。しかた。
※太平記(14C後)二四「言は語録に似て、其の宗旨を説く時は、超仏越祖の手段(しゅダン)有りといへども、利に向て、他之権貴に媚ぶる時は、檀那に謟(へつら)ひ富人に下らずと云ふ事なし」
※読本・雨月物語(1776)夢応の鯉魚「君は賢弟と南面の所に碁を囲みておはす。掃守(かもり)傍に侍りて、桃の実の大なるを啗(く)ひつつ奕(えき)の手段(シュダン)を見る」 〔元好問‐三郷雑詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手段」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手段の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation