@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手稲【ていね】

日本大百科全書(ニッポニカ)

手稲
ていね

札幌市西区と手稲区にまたがる地区。1967年(昭和42)札幌市と合併。1880年(明治13)函館(はこだて)本線軽川(がるかわ)(現、手稲)駅の設置で開発が始まり、酪農と金鉱山で知られたが、第二次世界大戦後は札幌市の郊村的性格をもち、札幌市との合併後は住宅地と工場の立地が進行した。小樽(おたる)市に近く、石狩湾に近い沖積平野は住宅団地が建設され、1972年冬季オリンピックの会場となった手稲山麓(さんろく)にはスキー場やゴルフ場などが立地する。

[奈良部理]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ていね【手稲】
札幌市の行政区の一つ。平成元年(一九八九)西区から分離成立。小樽市に隣接し、市西部、新川以南から手稲山北麓に及ぶ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ていね【手稲】
札幌市の区名。平成元年(1989)西区から区して成立

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手稲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手稲の関連情報

関連キーワード

常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)グアンタナモ基地ダルビッシュ有貴ノ浪貞博パリ協定宮崎駿スズキ相良工場北上市の企業誘致

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation