@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手近【テヂカ】

デジタル大辞泉

て‐ぢか【手近】
[名・形動]
手が届くほど近くにあること。すぐそばにあること。また、そのさま。「手近な(の)本を手に取る」「手近にある物で間に合わせる」⇔手遠
ありふれていて身近に感じられること。また、そのさま。「手近問題

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て‐ぢか【手近】
〘名〙 (形動)
① 手もとにすぐ近いこと。身近にあること。また、そのさま。かたわら。すぐそば。
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)一「文太左衛門は手近なる鐘木町に忍び入て正月買と浮れ出し」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「夫には先づ手近から始めなくてはいかん」
② 身近であって、わかりやすいこと。身近なこととして、人々によく知られていること。簡単で便利なこと。また、そのさま。卑近。
※おとづれ(1897)〈国木田独歩〉下「詳はしき説明は宇都宮時雄の君に請ひ玉ふぞ手近(テヂカ)なる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

て‐ぢか・い【手近】
〘形口〙 てぢか・し 〘形ク〙 手もとに近い。すぐ近くである。また、人々によく知られている。簡単で便利である。〔文明本節用集(室町中)〕
※授業編(1783)一「柳の葉を編て文をしるせるなどは手近(テヂカ)き書にも見へて」
※牛鍋(1910)〈森鴎外〉「手近い肉の一切れを挟んで口に入れた」
てぢか‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手近」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手近の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation