@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

手間【テマ】

デジタル大辞泉

て‐ま【手間】
そのことをするのに費やされる時間や労力。「手間を省く」「手間がかかる」
手間賃」の略。「手間を払う」
手間賃を取ってする仕事。手間仕事。また、その仕事をする人。「手間を雇う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てま【手間】
ある仕事に費やす労力や時間。 -のかかる仕事
手間賃に同じ。 -を払う
手間賃を払って雇う人。また、その仕事。 -を入れる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て‐ま【手間】
〘名〙
① 手を使う仕事などで、その手を動かす動作のとぎれめ。また、その次の動作までの合い間。いとま。ひま。
※貫之集(945頃)三「ほととぎす鳴くなる声をさ苗とるてまうちやすみ哀れとぞ聞く」
② 手を使う仕事のその手を休めるまでのあいだ。また、あることのために要する時間、労力。→てま(手間)が掛かるてま(手間)が取れるてま(手間)を入れるてま(手間)を掛けるてま(手間)を取る
※洒落本・自惚鏡(1789)いろきゃく「八ツあたりをするてまで、いふ事があるならきっぱりいへ」
③ 「てまちん(手間賃)」の略。
※香取社造営物注文(1419)「拾五貫文 番匠百五十人手間分」
④ 手間賃をもらってする仕事。手間仕事。また、その職人や臨時雇いの手伝い。
※歌舞伎・梅柳若葉加賀染(1819)四立「手間(テマ)の衆、今日は川口から注文の来た」
⑤ 江戸時代、武家が抱えていた火消。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手間の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation